イメージ画像

大紅袍の母樹

皆様、こんにちは!

ChineseLife張潔麗です。

 

 

IMG_2090.JPG 

大紅袍は武夷山の原生茶種に属し、

その母樹は武夷山の天心岩の九龍窠の岩壁に成長して、

現在では6株しかなく、すごく珍しいです。

 

九龍窠には厳しい環境であり、

大紅袍の母樹が断崖絶壁の上に成長しています。

母樹から摘めた葉で作ったお茶はすごく美味しいです。

このお茶は昔に皇帝しか飲まれないです。

現在にはこの6株大紅袍を保護しています。

研究員しか母樹の葉を摘めないです。

 

皆は飲む大紅袍が挿し木の大紅袍です。

天心岩の70平方キロメートルに生長している大紅袍は「正岩大紅袍」と呼びます。

正岩大紅袍の味は母樹の味と似ていて、「岩韻」も強いです。

 

産地の面積が小さいので、

毎年に茶葉の量も少ないです。

しかしお茶市場に大紅袍は多く、

皆は大紅袍を買う時必ず注意してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  古い大紅袍
ななからのお薦め  次の記事へ →

詳細情報

2012年2月28日 (18:37) | コメント(0) / カテゴリ:張潔麗@広州

コメントする




このページの先頭へ