イメージ画像

岩茶

皆様、こんにちは!

ChineseLife張潔麗です。

 

4.JPG 

大紅袍は「岩茶之王」と褒められます。

なんで「王」と呼ばれるのがずっと分からないです。

今日は白鶏冠、水仙、鉄羅漢と大紅袍を飲み比べだ後、

大紅袍の味は私に魅力されました。

 

乾茶を見たら、鉄羅漢と大紅袍の形か色か一番似て、

ちょっと短く、潤いがある赤褐色です。

白鶏冠の形がふわふわしていて、色が一番淡く茶色です。

水仙の形はその中に一番大きく、色が大紅袍と似ています。

 

最初は白鶏冠を飲みました。

ちょっと薄いですが、すごく甘いまろやかな味になります。

飲む時花の香りがはっきり感じられます。

濃いお茶が好き方はこの種類お茶があんまり好きじゃないです。

 

後は水仙を飲みました。

水仙の味は白鶏冠より強く、岩茶の特徴はよく体現しました。

お茶市場に水仙は大紅袍として販売することが多いです。

皆様大紅袍を買う時必ず注意してください。

 

鉄羅漢と大紅袍の味も近いですが、

大紅袍の「岩韻」は口に十分の満足感を残りました。

大紅袍の香りが強く、口に長い時間に残ります。

最初は焙煎の味で、だんだん花の香りがよく感じられました。

飲んだ後は「これは大紅袍だ」の感じです。

本物の大紅袍の香りが自然の爽やかな香りです。

 

皆様、是非大紅袍を飲んでみます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  大紅袍の淹れ方
古い大紅袍  次の記事へ →

詳細情報

2012年2月26日 (18:23) | コメント(0) / カテゴリ:張潔麗@広州

コメントする




このページの先頭へ