イメージ画像

ななからのお茶についての物語四

皆さん、こんにちは。

ChineseLifeのななと申します♪♪

台湾ウーロン茶の東方美人についての物語が2つがあります。

一つは:

昔、ある茶畑は害虫で大変な損害を受けました。  
一人の茶農家が甘んじらないので、城内へ売るに行って、特色な味わいでもてられました。  
戻って言って法螺を吹くと思われました。  
それから、"膨风茶"(膨风は台湾語の法螺を吹くという意味です。)という茶の名前が出ました

もう一つは:

百年前、イギリスの茶商は"膨风茶"をビクトリア女王に献上しました。

淹れた茶葉の外形が鮮やかで、まるで綺麗な美人が水晶のカップの中で踊ります。

飲んでみて、女王様がとても喜んで"東方美人茶"という名が賜れました

お茶を飲んでながらお茶についての物語を話す場所を作るために、

毎日頑張っています。

 

 

3.4.jpg写真:東方美人

 

どこでも、いつでも、笑って行きましょう♪♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ななからのお茶についての物語三
ななからの緑茶紹介一  次の記事へ →

詳細情報

2012年3月28日 (18:54) | コメント(0) / カテゴリ:牟娜@上海

コメントする




このページの先頭へ