イメージ画像

ななからのお茶についての物語二

皆さん、こんにちは。

ChineseLifeのななと申します♪♪

今日も一つの物語を話しましょう。

黄茶の蒙顶黄芽についての物語を述べます。

蒙顶黄芽というのは、四川省の名茶です。


古代、魚の仙人は拾った茶の種が吴理真という人を送って結婚の契りを結びました。 

第二年の春に、茶の種が発芽した時、

二人が結婚して、茶を摘んで、茶を作っている生活をしました。  
魚の仙人は白いスカーフが空に投げって、お茶は白い霧が覆われて、茶樹が茂っていました。  
俗人と勝手に結婚したことが気が付かれるので、仙人が住んでいる天宫という所に帰らなければならないでした。  
人間に残られた吴理真は一生にお茶を植えて、思い慕って病気になって井戸に身を投げて死にしました。  
後、ある皇帝は吴理真がお茶に偉大な貢献をすることを褒めるために、"甘露普慧妙济禅师"という爵位を送りました。  
蒙顶茶はそれから、代々伝わってきて、毎年貢ぎ物として皇帝に捧げました

3.2.bmp写真:蒙顶黄芽

どこでも、いつでも、笑って行きましょう♪♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ななからのお茶についての物語一
ななからのお茶についての物語三  次の記事へ →

詳細情報

2012年3月14日 (00:45) | コメント(0) / カテゴリ:牟娜@上海

コメントする




このページの先頭へ