イメージ画像

ななからの緑茶淹れ方

皆さん、こんにちは。
ChineseLifeのななと申します♪♪


この間、緑茶は次々と入荷しました。
その中に、中国を代表する緑茶と言われ続ける「西湖龍井」も入荷しました。
「西湖龍井」の原産地は杭州西湖の近くにある四つの産地があります。

お茶を淹れる前に、温かくになるコップに茶葉を入れて、
三回でコップを振った後、少し蓋をあけて、このお茶の香りを嗅ぐと、
豆のような香りがあります。

お茶を淹れる水の温度は100度になるとよいではないです。
なぜかというと、緑茶はとても柔らかくて新鮮である茶葉で作られるので、
茶葉に含まれる物質は出やすいで、茶湯は熱いで飲めないで、
たぶん、緑茶の原味を見られないです。
ですから、「西湖龍井」を淹れるお湯の温度は85度ぐらいです。

 

IMG_4979.jpg写真:可愛い茶のペット


どこでも、いつでも、笑って行きましょう♪♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ななからの苦丁茶紹介
ななからのお茶の保存知識  次の記事へ →

詳細情報

2012年5月14日 (01:23) | コメント(0) / カテゴリ:牟娜@上海

コメントする




このページの先頭へ