イメージ画像

ななからのお茶の保存知識

皆さん、こんにちは。
ChineseLifeのななと申します♪♪

一般的に、陳茶より新茶のほうが良いと思われます。
実は、肯定的な話はわけではありません。
西湖龍井にとって、適当的な保存があれば、
色合いや味わいは良くなる可能性もあります。
ウーロン茶もその特徴を持っています。

しかし、多くのお茶の種類にとって、
やはり新茶のほうが高い値段や価値を持っています。
その中で、プーアル茶は特別な存在と思います。
よく保存すれば、長い時間を経て、
特に、生プーアル茶の変化は明らかにされています。
これは、プーアル茶の性質で決められるものです。
保存の環境の要求は厳しいです。
乾燥、雑な味がない、直射日光を避けるなどです。

 

IMG_4997.jpg写真: 中国の財神
どこでも、いつでも、笑って行きましょう♪♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

← 前の記事へ  ななからの緑茶淹れ方
ななからのお茶の鑑別方法二  次の記事へ →

詳細情報

2012年5月21日 (17:44) | コメント(0) / カテゴリ:牟娜@上海

コメントする




このページの先頭へ